妊娠線予防のポイント

イントがあります。妊娠線は太り気味の人ができやすいので、妊娠線を予防するには太らないに体重をコントロールして、肌の保湿ケアをまめに行うようにします。

最近の産婦人科では急激に太らないように食事メニューなどの指導がありますが、妊娠線予防についてのアドバイスなどはなく、ほとんど自己流でケアされているため、妊娠線がくっきり残ってしまったという妊婦さんは多いです。

一番大切なポイントは、肌の保湿ケアすることでたっぷり目にクリームをお腹の皮膚に刷り込みマッサージすることを、毎日のスキンケア習慣として行いましょう。クリ-ムの正しい塗り方としては、お腹の上にクリ―ムを載せると円を描きながら、お腹全体満遍なく広げていきます。

クリームを塗る回数は、妊娠初期~中期にかけては、1・2回が適当です。後期になるにつれクリームを塗りマッサージする回数を増やします。妊娠後期は5・6回が適当です。妊娠線防止クリームを塗る時期はお風呂あがり、体が良く温まっている時が効果大です。産婦人科の母親教室などでは妊娠線防止について詳しいアドバイスはないのでweb上などで情報を収集するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です