肌のサイクルの変化による妊娠線の原因

妊婦の悩みでもある妊娠線ですが
妊娠線が出来る原因は個人差があります。

急激な体重増加も原因の一つですが
ホルモンバランスの乱れによる原因も考えられます。

妊娠中にイライラしたり
肌荒れが起きたりするのも
ホルモンバランスが乱れているからです。

妊娠中は赤ちゃんを作るために
沢山のホルモン分泌が行われ
通常の何倍も活発になります。

活発化するホルモンには
女性ホルモンでもあるエストロゲンと
肌のターンオーバーでも必要な
コルチコステロイドです。

ホルモンの分泌が良くなるのは良いことで
なぜ妊娠線が出来るのか?
と疑問に思う方も少なくないようです。

ホルモンの分泌が活発化されても
子宮を正常に保つように整えたり
胎盤作りに使われたりと
新しい命を繋ぐために必死に働き分泌しているのす。

ホルモンを分泌するのにも
体内の多くの栄養素が必要になり
いつもは自身に吸収されていた栄養素も
新しい命の方へと働きかけます。

その為、肌のターンオーバーに必要なホルモン分泌や
又、肌を綺麗に保つ為に必要な栄養素が母体までに届くのが遅れるため
肌への影響が出てき始めて乾燥したり肌荒れの原因となります。

その乾燥こそが妊娠線を作り出します。

乾燥肌になり始めると
肌の弾力もなくなり、肌の伸縮性も衰え
肌のトラブルに大きく影響を及ぼします。

乾燥したまま、お腹が大きくなる一方で
それに伴う肌質になっていない為
膨らむ肌の伸びに追いつかなくなり
断裂が入ることにより妊娠線となります。

妊娠中は通常28周期の肌の入れ替わりが
大きく乱れてしまいます。

このように妊娠中の体の変化の原因を
頭に入れておき
それぞれ見合った対策を考えるのも妊娠線を防ぐ予防策です。

産後の妊娠線を消す人気クリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です