妊娠線の原因の一つは体重増加によるものです。

妊婦の悩みや妊娠後の悩みの多くは妊娠線です。

妊娠線は人それぞれで
全く出ない人もいれば
数多く出来てしまった人もいます。

妊娠線が出来る場所も人それぞれ違い
太ももやお腹、腕など
顔以外のボディに出来やすいです。

その妊娠線ができる原因は
妊娠により急激な体重増加が一つあります。

妊娠が分かった時はまだ二カ月前後で
お腹も出てないですが
四カ月を過ぎた辺りからお腹も大きくなり
五カ月、六カ月となると
急激にお腹が出てきます。

妊娠線は皮膚の表面ではなく
皮膚の奥の真皮と呼ばれる部分で起こります。

その真皮が急激な膨らみに耐えれず
皮膚の伸びが追いつかず断裂となりピンク状の線が現れます。

そのピンク状の線が妊娠線と言われるもので
表面上は割れ目や傷などないのですが
皮膚の中は亀裂が入り傷になってしまっています。

分かりやすく言うと
内出血と同じような事です。

内出血も皮膚の中で起こっている状態であり
表面上は傷もない状態です。

しかし、内出血の場合は放置していれば治りますが
妊娠線は完璧に断裂してしまっているので
一度できてしまうと元には戻りません。

妊娠中は食べる量も増える傾向にあり
太りやすくなるため
毎日の体重管理をしていく事も大切です。

それから、体重増加による妊娠線を作らない為にも
軽度な運動をすることも予防策になります。

妊娠線を予防するクリームについて

妊娠線を予防するクリームやアロマオイルなどは、種類が豊富でどれを選べばいいか迷ってしまいます。お試しサイズのものは、お手頃価格のものもありますから、様々なクリームやオイルを試してみてどの商品が自分にあっているかをしっかりと見極める事が大切です。

インターネットなどで、妊娠に関するサイトを参照にしてみるとクリームはどれを選べば良いのかなどについては常に参照にされるべき項目であると言われています。多数の妊婦の意見から妊娠線を予防するのに効果的なのは、マッサージなどに用いられるオイルが最も効果的であると言われています。

オイルを推奨するポイントとして、油分が最も重要であると言われています。また、クリームやローションも近年は進化しつつあります。成分中には保湿効果を高めるコラーゲンやヒアルロン酸など美容には欠かせないものが含まれています。

また、「長時間保湿をキープする」というものもあります。両者はそれほど差はないという結論が出ています。妊娠線予防に関する効果も高くなっています。専門家が推奨する方法として、妊娠線ができやすい部分にはオイルでしっかりとケアをして、それ以外の部分は保湿クリームでしっかりとケアをすることが望ましいです。

肉割れの消し方・消す方法とは?※太もも・お尻などに使える人気肉割れクリーム

妊娠線予防のポイント

イントがあります。妊娠線は太り気味の人ができやすいので、妊娠線を予防するには太らないに体重をコントロールして、肌の保湿ケアをまめに行うようにします。

最近の産婦人科では急激に太らないように食事メニューなどの指導がありますが、妊娠線予防についてのアドバイスなどはなく、ほとんど自己流でケアされているため、妊娠線がくっきり残ってしまったという妊婦さんは多いです。

一番大切なポイントは、肌の保湿ケアすることでたっぷり目にクリームをお腹の皮膚に刷り込みマッサージすることを、毎日のスキンケア習慣として行いましょう。クリ-ムの正しい塗り方としては、お腹の上にクリ―ムを載せると円を描きながら、お腹全体満遍なく広げていきます。

クリームを塗る回数は、妊娠初期~中期にかけては、1・2回が適当です。後期になるにつれクリームを塗りマッサージする回数を増やします。妊娠後期は5・6回が適当です。妊娠線防止クリームを塗る時期はお風呂あがり、体が良く温まっている時が効果大です。産婦人科の母親教室などでは妊娠線防止について詳しいアドバイスはないのでweb上などで情報を収集するのが良いでしょう。

肌のサイクルの変化による妊娠線の原因

妊婦の悩みでもある妊娠線ですが
妊娠線が出来る原因は個人差があります。

急激な体重増加も原因の一つですが
ホルモンバランスの乱れによる原因も考えられます。

妊娠中にイライラしたり
肌荒れが起きたりするのも
ホルモンバランスが乱れているからです。

妊娠中は赤ちゃんを作るために
沢山のホルモン分泌が行われ
通常の何倍も活発になります。

活発化するホルモンには
女性ホルモンでもあるエストロゲンと
肌のターンオーバーでも必要な
コルチコステロイドです。

ホルモンの分泌が良くなるのは良いことで
なぜ妊娠線が出来るのか?
と疑問に思う方も少なくないようです。

ホルモンの分泌が活発化されても
子宮を正常に保つように整えたり
胎盤作りに使われたりと
新しい命を繋ぐために必死に働き分泌しているのす。

ホルモンを分泌するのにも
体内の多くの栄養素が必要になり
いつもは自身に吸収されていた栄養素も
新しい命の方へと働きかけます。

その為、肌のターンオーバーに必要なホルモン分泌や
又、肌を綺麗に保つ為に必要な栄養素が母体までに届くのが遅れるため
肌への影響が出てき始めて乾燥したり肌荒れの原因となります。

その乾燥こそが妊娠線を作り出します。

乾燥肌になり始めると
肌の弾力もなくなり、肌の伸縮性も衰え
肌のトラブルに大きく影響を及ぼします。

乾燥したまま、お腹が大きくなる一方で
それに伴う肌質になっていない為
膨らむ肌の伸びに追いつかなくなり
断裂が入ることにより妊娠線となります。

妊娠中は通常28周期の肌の入れ替わりが
大きく乱れてしまいます。

このように妊娠中の体の変化の原因を
頭に入れておき
それぞれ見合った対策を考えるのも妊娠線を防ぐ予防策です。

産後の妊娠線を消す人気クリーム

美容皮膚科医師監修の妊娠線防止クリーム

妊娠が終わっても妊娠線がないキレイなお腹を目指したいです。私は美容皮膚科医の下でつくられた妊娠線防止クリームを使っています。妊娠後の酷い妊娠線には絶対に後悔したくないので、良い妊娠線防止クリームを使って妊娠初期からお腹の保湿ケアをしています。美容皮膚科の医師によってつくられたクリームですから安心して使うことができました。肌荒れが気になっていましたが肌トラブルにも効く妊娠線防止クリームです。使うのなら医師監修のものが確かですね。安心して使えました。

クリームは肌への伸びが良く、肌へスーッと浸透していくのが分かります。保湿成分はお肌をしっかり潤してくれます。美容成分は美肌に効果的で長時間お肌のすべすべと潤いがキープされ、とても満足な妊娠線防止クリームでした。価格的には少し高かったのですが、皮膚がピリピリすることもなくみずみずしく潤い効果が大きかったので思い切って買って良かったです。フレッシュポンプになっているので使いやすく、ボトルのデザインもかわいくて良いです。なので楽しく最後まで使いきることができました。他のメーカーのチューブ式も持っていますが、他に作業している時は使いにくくポンプ式は使いやすくて良いですね。